法定外労働災害補償制度(建設)

経審の加点の対象になる法定外労災労働災害補償制度とは、

労働保険に加入していて、かつ、

・(公財)建設業福祉共済団

・(一社)全国建設業労災互助会

・全日本火災共済協同組合連合会

・(一社)全国労働保険事務組合連合会

・民間保険会社等

との間で、労働者災害補償保険法に基づく保険給付の基因となった業務災害及び通勤災害に関する給付についての契約を、締結している場合で、次の4つの要件を満たしていることが必要です。

① 業務災害と通勤災害のいずれも保険給付の対象としていること。

② 直接の使用関係にある職員及び下請負人の直接の使用関係にある職員のすべてを保険給付の対象としていること。

③ 少なくとも死亡及び労働災害補償保険の障害等級第1級から第7級までに係る災害のすべてを保険給付の対象としていること。

④ 共同企業体による工事及び海外工事を除くすべての工事現場の災害を保険給付の対象としていること。(工事現場ごとに加入する制度はこの要件を満たさない。) また、いわゆる団体加入の場合は個々の事業主は法律上の保険契約者とはなりませんが、実質上保険会社との間で契約を締結しているものとみなします。

さらに保険期間に審査基準日が含まれていることを確認する必要があります。

要件が欠けている場合、保険に入っていても加点対象にならないため注意が必要です。